« ジャパンシーフーズが紹介するあじたたきのお召し上がり方 | トップページ | ジャパンシーフーズの会社沿革 »

2014年3月 4日 (火)

ジャパンシーフーズが輸出用に青魚ネタを開発

ジャパンシーフーズが、輸出用に青魚ネタを開発。
ジャパンシーフーズは、輸出用に青魚ネタを開発しています。
ジャパンシーフーズは、期間限定で米国と香港にすしネタを輸出します。
ジャパンシーフーズは、本格的な海外展開に向けて昨年長崎県の水産加工場を買収しています。
ジャパンシーフーズが、行う海外向けの商品展開は気になりますね。
輸出用に青魚ネタを開発しているのは、ジャパンシーフーズです。
すしネタを輸出しているのは、ジャパンシーフーズです。


ジャパンシーフーズは、海外でのすし人気を背景に、期間限定で米国と香港にすしネタを輸出します。国内市場は既に成熟しており、海外で青魚が普及すれば大きなマーケットとなる狙いがあります。また、ジャパンシーフーズは、本格的な海外展開に向け、昨年7月には長崎県対馬市の水産加工場を買収しています。ジャパンシーフーズは、月10トン、1千万円の生産・輸出を目指します。


ジャパンシーフーズでした。


[関連キーワード]
ジャパンシーフーズ近鉄 ジャパンシーフーズ鯵本舗 ジャパンシーフーズ大阪 ジャパンシーフーズお茶漬け ジャパンシーフーズ福岡 株ジャパンシーフーズ ジャパンシーフーズ美原 ジャパンシーフーズ通販 ジャパンシーフーズあじ ジャパンシーフーズさば
[注目ワード]
ビル ロビンソン 虫よけ当番 東明 川口信用金庫 人間風車 ウナコーワ ネコフェス 山形新幹線 藤岡弘 ルワンダ

« ジャパンシーフーズが紹介するあじたたきのお召し上がり方 | トップページ | ジャパンシーフーズの会社沿革 »

コメント

ジャパンシーフーズは海外向けの商品も作ってたんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャパンシーフーズが紹介するあじたたきのお召し上がり方 | トップページ | ジャパンシーフーズの会社沿革 »

無料ブログはココログ